2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Fight For Japan

無料ブログはココログ

DREAM 2011

  • DREAM

« 2009.02.08 | トップページ | 2001.03.25 »

2009.02.09

2009.02.09

昼:麻婆豆腐定食
夜:なし
酒:サントリー膳300cc、ジャックダニエル300cc
肴:砂肝炒め、からし高菜、牛モツ鍋

(AM0:35)
なんでも、踊る大捜査線が面白いというじゃないですか、いってみます。

(AM6:40)
第一話、見終わりました。

とあるドラマで、アル中を克服しようという男が仕事のストレスに負けそうになり、職場近くの店で「シングルモルト」と言ってウィスキーの小瓶を手にする…。
何種類か飲んだ中での、ジャックダニエル以外のブレンデッドウイスキーはまろやかすぎ、私が飲むべき酒はピュアモルトウイスキーだという結論に独断で決定しかけているのですが、そもそも事の発端「シングルモルト」とは、どの種のウイスキーを指すのでしょう。
チョイ高バーボンなども試して楽しむ予定です。行き着けの『おおくま』さんには、まだまだいろんな種類のウイスキーがあります。予算の許す範囲の酒を試していきます。
現在のNO.1はニッカオールモルトです。

« 2009.02.08 | トップページ | 2001.03.25 »

2000年代」カテゴリの記事

コメント

まず、ジャックダニエルは広義ではバーボンウイスキーの範疇に入り、狭義ではテネシーウイスキーというジャンルに分類されます。
で、バーボンウイスキーとは主にアメリカで作られている、原料にトウモロコシを51%以上使った(残りはなにかしらの穀物)ウイスキー。


そして、ブレンデッドウイスキーとは、グレーンウイスキーとモルトウイスキーをブレンドしたもので、グレーンとは穀物という意味なんだけど、トウモロコシ8割と残り2割はピート香を付けていない大麦麦芽を原料とし、連続式蒸留機で作ったウイスキーで、特徴は原料の風味があまりない、つまり原料に左右されない出来上がりとなるワケで焼酎で言うと甲類にあたります。
対してモルト(麦芽のこと)ウイスキーとはピート香を付けた大麦麦芽100%を原料に単式蒸留機で2回蒸留し、樽熟成させたもので、原料の特徴が強く出ます。
また製法的には焼酎乙類にあたります(大まかに言ってね)。

で、シングルモルトウイスキーっていうのは単一の蒸留所で生産されたモルトウイスキーを瓶詰した(他の蒸留所のモルトウイスキーを混ぜていない)ウイスキーを指し、2ヶ所以上のモルトウイスキーをブレンドした場合はヴァッテッドモルトウイスキーという名称になります。

以上、ブレンデッドウイスキーからモルトウイスキーの説明は総称としてのスコッチウイスキーの話なんだけど、日本のウイスキーはスコッチウイスキーの製法を手本に作られており、ピュアモルトとかオールモルトという名称はニッカウイスキーの造語で、たぶん製法的にはヴァッテッドモルトウイスキーの分類でしょう。

ちなみに、ニッカの余市や仙台宮城峡はシングルモルトウイスキーです。

どう?伝わったかな?

よくできました
★★★★★

やってくれると思いました。本気で感謝します。
ありがとう!あべちん!!ザックリとでも知りたかったんです。

しかし、味わった甘味みたいな感覚を仕事中に不意に思い出すんです。アルコール度数が高い分、効き方や中毒性が高そうな実感があるので、加減して楽しむように心掛けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482655/27908430

この記事へのトラックバック一覧です: 2009.02.09:

« 2009.02.08 | トップページ | 2001.03.25 »