2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Fight For Japan

無料ブログはココログ

DREAM 2011

  • DREAM

« 1992.01.01 | トップページ | 1993.01.02 »

1993.01.01

平成5年 1993年
1月1日(金)
あけまして おめでとうございます。
とはいっても すでに 2日の朝なので
あります。31日の夜11:00ごろねまして、
なんと、AM5:00ちょっと前におきたんですねー。
すばらしい。2日連続のスーパー早起きマンに
なりました。そんでもって1日、わやわやして
るうちに6:00すぎて(中野)家を出て、ちょっと
あるいて、バスにのり、中野駅へついた。
まず大湊までの往復乗車券を買い片道の
特急自由席を買って みどりの窓口を出て、
さ、腹ごしらえ、駅前、立ソバと思ったが、
客が3人いて、うけとってくいにくそうなので
「ケ、はらなんかへってねーや」とつぶやいて
中央線に乗りこみました。
ー1ページー
初詣の人やら、何やら いがいに人が
いまして、3、4年前、元旦に帰ったときも
こうだったかなと思いつつ、今年は東京駅から
東北新幹線へ乗ります。ホームについて、んー
みんな青森県その他のド田舎ヤローかと
思ってしまうほど、顔つき、体つき、足つき、
服つき、気のせいか。町で見かけても
そうは思わないかな。さぁ、ビールを買い
サンケイスポーツを買い車内へ、いやいや
すいてて楽勝ですわることができました。
ちょっと腹がへったかなと思ったが、競馬らんと
ビール350㎖×2でねよっとした。んー
ねたか 半ねむりかのうちに盛岡、駅ぶっとばし
のでんしゃ(新幹線)じゃねるひまなし。はつかりも
4人向合いの席に向い合って2人ですわれます。
ー2ページー
1人ですわってる人もいました。
ねよーと思ったが どうもねれず。
はらは へったが 時間がなく、また缶ビール×1
のんで おしまい。ついに野辺地まで、
なにもくわんできた、ソバがあるじゃないか。
とりめしもあるじゃないか。しかし、みんな
なまっていて とてもコワイ。駅の正面から
うつるんですで1枚とって、もどったときには
すっきり 足元が ひえてしまった。
やっぱり 顔つき 体つき 足つき のちがいって
あるかもしれんと思った。東京ではハッとめだつような
洋服も ド田舎の駅、ホームの中では逆に、
ぎこちないかんじで どんな人であろうと
みていてつらいと 思ったりもする。んーさすがクチュリエで
どーらくをみているだけある。あ、あと、ここから正ちゃんの
ー3ページー
ところに でんわをしました。いちお、そのときの
心境を おつたえしておきました。
1時間位 待って やっと きました。1両編成、
んー2両以上じゃないと『編成』とは使えない
と思うが。改札がはじまった。
ちらちらっとしか 人は 集まらない。
よーし、そばでも くうかな。そのとき向こうの
ホームに特急が到着とともに、連絡橋をわたって、
人ゴミがどぁ〜と おしよせ、たった1両の
ディーゼル車の席は満パイ、ぼくも、のりこみ、
にもつ(荷物)をおいて、スッと体をあずけたところは
べんじょでした。んー。
 なんか すべての人が自分を見てるようで
いやだった。気にしすぎだね。めたつカタチを
してるから しかたないけど。
ー4ページー
大湊までいこうか、下北でおりるか
まよっていた。駅のすがたでは 大湊の方が
味わいがあるか、なんて思っていたが
「下北〜、下北〜」と運転しゅ、ならびに
テープの女の人のアナウスがあったと同時に、
まわしの人々がドッと降りじたくをはじめた。
うわー こんなにおりんのかー、…わたしもおります。
だ、だって家も今はこっちが近いし、大湊駅は
帰りの時でいいべナー。
まわりに つられて おりてしまった。タクシーに
のろうか、まよったが、ま 元旦のむつを
体で 味わうのもまたいいだろ、ちょっと
足もとがぬれちゃうのも 味わい深いや。
中央2丁目の交差点で空車のタクシーをみつけて、
そそくさとのってしまった。途中のあのなつかしの
ー5ページー
橋をわたってこそ、いい写真もとれた。
なつかしの橋のかげもなく、今は 市町村の
マーク入りの 新しい橋にかわっています。
家について「ごめんくださーい」
だれもこない。2回目のとちゅうで、足音が
きこえ 元さんが 階段の手すりのあいだから
顔をだした。はらがへったと いうと
大皿の煮物と 焼魚を出してきた。
どちらも冷ひえだったが、おいしく感じたのは
そのふんいきのせいか、はらがへっているせいか。
しばらく元と話のうち 順を呼びにいって
出てきたのをみて びっくり、順もおどろいたかも
しれないが、その大きたには 想像をぜっした。
声も低くく、元と区別が つかない。
んー受験のせいで いっきに ふけたか。
ー6ページー
くうもんくって 2階で、
ドラクエⅤを元がやるのをボーッと
みていたら、下で 両親の声がする。
母が声を あげている。
「両親のみなさま、あけまして おめでとう
 ございます。」
すぐに 私は おばあちゃんの家へ つれ出された。
まず私が 玄関を あけ入った。
おばあちゃんが おくから 出てくる。
声を出せんほどおどろかれ、どつかれた。
しばしの雑談ののち おこずかいをもろて、
帰ってきた。教訓、あまりおどろかせては
いけない。ちゃんと予告していきましょう。
おじちゃんはいなかった。
もう夜めしのあたりは ねむくて、しょーがなかった。
ー7ページー
ビールとおいしい酒と ちょっとつらい、
会話と 母が福引でとったらしい特賞(100円つかみどり)で
買った牛のステーキと すんごくつらい、
テレビの欽ちゃん といった感じの食卓である。
しかし、すべてのものがなつかしく、
すべてのものが、おいしい。
飯がすんで、テレビがいやだったので、
2階にきてゲーム(スーファミ)をやった。
これでは かわらないでは ないか。
でも 元との 2人プレーは ちょっとちがうか。
すぐにあきて、またドラクエを元にやって
もらって それを 見ていた。ねむくて たまらない。
FMでPM9:00からロックショーがありまして、それを
録音するためのテープを飯の前に
田名部に 買いにいったが どーろが
ー8ページー
新しくなり、店がふえ、道もふえ。
あ、そーだ 今日は元旦 だよ。なのに 何軒か、
店はやっている もうかってそうな店でも やっている。
あこぎと言うべきか、大変だなと 不況の世の中の
いなかをねぎらうべきか。あ、もうすぐ9:00だ。
しかし ねむい。ちょっと横になるか、だめだ。
フロの前にねてしまう。
 結局、録音は元にたのみ、ふとんをしき、
ねた。何度が 両親が まわりを なんか
やってたが わからない。あー肩がひえるなー。
トイレにいきたい、と思って目を あけると
朝だった。といっても 外は暗く、トイレにいったとき
時計でかくにんしたら、2日のAM6:00近くだった。
いったんは ねに入ったが 最近の早起きのせいか
ねつけづ、ストーブをつけ、あかりをつけ、
ー9ページー
 たばこに火をつけ、今、こーして日記を
つけています。腰がいたくて、もやもやしている。
みんなおきたかな。カーテンの外はすでに
あかるい。さ、もういっぷく しながら、今日、
何するか考えるか。なんでも町見物らしいけど。
ま、ゆっくりしよう。

« 1992.01.01 | トップページ | 1993.01.02 »

1990年代」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/482655/23597720

この記事へのトラックバック一覧です: 1993.01.01:

« 1992.01.01 | トップページ | 1993.01.02 »