2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Fight For Japan

無料ブログはココログ

DREAM 2011

  • DREAM

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

ん、サクはトーナメント出なくて良いよ。

切なく燃えた思い出は所詮過去の物。あの時の情熱を燃やすのは無理(客としての私が、です。)なのだから時流にあった楽しませ方を見せて欲しい、しかし…。
しかし、立木文彦さん抜きでTBSの地上波、というのでは盛り上がれない事に気が付きました。

「続きまして、解説、及びゲストコメンテーターを紹介します。高阪剛!」
 ワーッ!(観客)
「ゲスト兼インタビュアー、井上和香!」
 ブゥーー!(観客)

程良いワンマッチったって、そうありゃしない。
ミドル級は、秋山選手がらみしか見所が見当たらない?!船木選手にも同郷同年代のよしみで声援を送りたいけど、好カードあってこそだべど。
なにしろPPV生中を願います。


気が付いたら、やれんのか!大晦日2007と…

おお、いつの間にか、やれんのか!大晦日2007とDREAMのサイトが一本化していて、それにともないブログパーツも一緒にというか、やれんのか!は無くなっていた。
二つの新イベントは、PRIDEの亡霊によって呪われ…、違うな、見てる私が呪縛から抜け出せない抜け出ない。同じ物は存在しないと認められない認めたくない、若さ故の…って戦極贔屓にはなりたくない、ヘイたくちゃん、しょ──もない……ったく、クソやなぁ〜。
こうなったらDREAMファンを公言しよう。とことん応援しよう。ワオ木vsJZが納得いく結末になるまで、私の。可哀想でしょ、やれんのか!スタッフ。
佐藤大輔様、苦悩する神様、次回から開始されるらしいDREAMのPPVにモーレツに期待を寄せています。ならではの現場の臨場感を味わってこそ真の興行としての魅力を感じ取れるものと信じています。テレビ中継を信頼できません。日程が合うなら応援に行きたい。盛り上がる歓声が流れているのに映し出されるさいたまスーパーアリーナの客席に空席が目立つのはファンとして危機感を感じずにはいられない。kamiproコラムにもあった観客の明らかなPRIDE贔屓な雰囲気はテレビ中継でも充分感じた。以前PRIDEの会場で私達の後ろの席の、上から目線のリングスファンに嫌悪感を感じた事がある。私はそうしたくない。素直に観戦する大会が存在する事を喜びたい。


ミクシィとは何かを友人に説明を受けた時、いかに良い人でいられるかを試す場といわれた。自分こそが正しい、正常と思いたい、と考えちゃってる節があるなぁ。思想は人それぞれだ。またミクシィがそればかりとは思えない。確か登録だけしてある。地デジ開始までには味わいたい。


室温が寒く感じたのでエアコンを入れ、映しっぱなしの『24』シーズン1のDVD5巻を6巻に取り替え、BGMがジェファーソンエアプレーンで気がめいってきたので友人の手作り『やれんのか!サントラ』に変更。


休みなので、さっきからビールを飲んでたら、すっかり酔っぱらいました。
今日は、以上で〜す。


中野の桜もほころび始め。

阪神大賞典って春を感じる競馬のレースだ。

桜が咲く頃、お会いしましょう。
の言葉に期待して、出会ってみれば、なかなか大変な事になった。
DREAM、よいPPVを期待してます、お願いします。

例え日曜日でも!

いけませんよ!行けません!!
ミドル級だろうがライト級だろうが。だから思いをはせる。以前と違ってなかなか投資出来ませんので、地上波や衛星放送でDREAMと戦極に楽しませて欲しいのです。
祭日祝日になることが増えた月曜であっても、シビアに今回のハッスルはPPVだ!!とかなちゃってるので、歳とガンには勝てないな、と考える今日このごろなのだが、
いろいろ、みんなはどうかな?

私は爆風スランプの『怪物くん』を見つけて、今夜は満足。


黒魔術!?

ありゃりゃ!
炸裂、炸裂、呪いは解けず!!
ツイて無い。

現実逃避に思わず『戦極』見始めちゃった。まだまし。
DREAMもいいよ、客の情熱は伝わった。月曜に開催して下さい、東京近郊で。
中野坂上の友人よ、脇のジと共にお邪魔する事なるだろうよ。
月曜、ハッスルハウスをPPVで見た後は、DREAM座談会in坂上スーパーアリーナだ。


今日、DREAM。

いよいよ今日です。
まさかの大連立、と思いきや、やっぱり二つ。
来週のフジテレビのSRSで『戦極』が取り上げられるようだ。やっぱり二つに別れたんだな、と実感。

それはさておき、DREAM旗揚げ、
ワオ木選手に、どデカイ花火を期待します。

メインは青木vsカルバン!

勝手に未練タラタラな思い出を語られても迷惑な話だったかも。声かけなくて正解だったよ、まったく。
一、十、百、戦極!戦極!copyrightkamipro、

気を取り直してDREAM、観るぞ!
PPVやるの?やらないの?どっち?!
え、テレビ?おぉ!テレビ!!地上波!!!
でも、でもでもでも、立木文彦様がぁ〜っ、いいたかないけどフジの馬鹿ぁ〜っ。

不安だらけだ。私はPRIDEをまだまだ引きずる。

2008.03.12

いやいや、趣旨は全く違うんですがねぇ。

仕事を終え、帰りによく寄るスーパーにいつも通り何気なく入っていったのだが、
入り口で私は呆然となった。
客商売をしているので、普段は自然に伏し目がちに暮らしているのだが、その時だけたまたますれ違った人の顔に目がいってしまった。
いつも行くスーパーから出て来たのはなんと、20代後半から30代初め頃の私が猛烈に思いを寄せた『愛しのチー様』の面影たっぷりソックリさんなのであるが、人違いかも、いや人違いだ!の気持ちが私を支配し、ハッとして振り向くもスーッと遠ざかって行く後ろ姿を見つめるばかりで、体はスーパーの入り口ゾーンで固まったままだった。
縁の切れ目があまりよくない形だったので葛藤があった。
ほんの数秒の間だが、どうしよう、声をかけてみよっか?あー行っちゃうよ、追いかけていって…いやいや人違いかも、クーッこの意気地なしーっ!陳家な一人ドラマが演じられた。
しかしその時フッとその人の荷物を持ってない方の右手に目がいったんです。
パッと手のひらを広げたかと思うと地面に向ってバイバイをするように、というか歩いていて自然に手を振っているのだからそうなったのだろうが、目がいってからパッと広げられた手とその一連の動作が私に行動を起こさせなかった。

容姿はお互い他人に誇れるほどの物ではない…、と思うがコクってフラれた当時の私には目の前にいて手の届かぬ存在だった。ヘタな憧れのタレントの想い出なんかより、年齢的にもタチの悪い苦く酸っぱい現実なだけに余計に未だに後を引いているものであるが、久々にドキドキときめき、いてもたってもいられず、買い物もそこそこに(って一応買い物したのかよ!おでんの具かよ!!)近所を原チャリでひとっ走りして来た次第です。
今夜のザンテツケンは一味違うぞ状態です。なんだそりゃ!?いやいや、何となくわかるよ、ウンウン。って事にしておいて下さい。そのスーパーには行かない様にします。

DREAMに、ハッスルハウス、紙プロ発売といろいろなんだけど、
ミルコの相手は田村の秘蔵っ子!?すごいな。
石田くん!ブギョンに負けるなよ!腕取られるなよ!!
おっ、1R10分に決まったね、良かった良かった。ただし、テレビ中継じゃカットされまくりでルールを知らない視聴者続出は避けられない状態か。現場とのギャップは仕方ない、贅沢はいえないしファンを教育なんて目線はPRIDEファンのエゴでしかない?そりゃ失敬しました!


さて、今週は

DREAMが土曜日ですね。
地上波だけなんですね。

早稲田のワオ木さん!頑張って下さい。
慶應の青木アナの毒がまわってない事を祈ります。


3月10日、上映会のお知らせ。

これは、私に宛てられたビデオ上映会の案内である。

ジェイソンボーンの魅力に取り憑かれたその男は、店に入る時はまず非常口を探し、店内の客数と配置を記憶する事を常としている。その証拠に、先日、正体不明の悪者に襲われた時、速やかに私は非常口に誘導され、悪者達は彼の卓越した護身術によって葬り去られ、店は平和を取り戻した。
ある時は狙撃対象になっている事を知らされたが、高いビルの死角を通り続け生きながらえた。
敵の隠れ家を突止めるための潜入捜査では、仲間の覆面捜査官を撃ち殺してまでも任務を全うしたのであった。
なんと、敵に捕まり捕虜となった時も決して口を割らず、見張りのスキを突いて騙し脱出に成功。その日の夜には近所の中華屋で東スポ片手に食事をしていた所をフォーカス(写真誌)がキャッチ。
秀逸なのは、神聖な仕事場である調理場に時限爆弾を仕掛けられた時だ。決死の解除作戦で爆発を食い止めた上、日曜なので板長には早めに上がってもらいつつ、自分はラストまで仕事をやり遂げる快挙を成し遂げた。

そんな彼の部屋に、極上のリクライニングシートが導入される。きったない座椅子はお払い箱だ。この座椅子を引き取ってがてら、最終章ボーンアルティメイタム上映会でもいかがか!

コレが私宛に届いた案内であるが、センサーと起爆装置に囲まれた彼のアジトにどうやって入り込めというのだ!
今日も彼は、トイレに行くたび強襲を恐れながら用を足す。

さあ、DREAMの番だ。

青木アナと戯れるワオ木、
地上波ぁ〜っ!

「あんまり触らないで下さいannoy。」

感慨もひとしお。

戦極-SENGOKU-

アレレ、
絵ズラはPRIDEじゃないですか!?
ナレーションは、演出家の趣味が出たんでしょうけど特色とはそういう物だと思いますし、ここまでは楽しんでます、瀧本vsエバの途中ですけど。
予告通りPPVの録画です。仕事休めません、物理的ですけど。

明日は不思議な案内状を紹介します。
『あナタ☆から』には爆弾発言を掲載です。

さ、3、2、1、戦極!戦極!


まもなく戦極-SENGOKU-、

新イベント第一弾、『戦極-SENGOKU-』が5日に開催。
ホントは全員一緒が良かったが、そうもいかなかった。DREAMとハッスルがメインになりそうだが実際に見るまでは解らない。ただ、カードに刺激は少ないけど、選手は大物だらけ。そして会場は渋い。
未知だ。

ハッスルハウスvol.33、これから見ます。
マーくん、K-1への壮行式となったのかな?!


春の中山連続開催は皐月賞まで続きます。

まあ、格闘技も競馬も負けて人気が出ることもある。辛い結果も時には教訓、人生の肥やしとして…、って私、何言い始めてんでしょうか!?

とにかく、月が変わってツキが向いてくれる事を祈ります、青木選手の分も。

戦極-SENGOKU-は5分3Rなんですね?解りました。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »